2016年4月5日火曜日

かわさきパン博の真のコンセプトとは?

かわさきパン博の真のコンセプト・・それは「地域の食材を通して人と人とが交流すること
単なるお祭り騒ぎのパンの販売会ではありません。豊かな自然と長く続く農業の歴史が支えた質の良い農産物。安全な食にこだわる生産者や優良企業を知って欲しい。パンをきっかけにしてそんな想いが伝わればと、事務局一同、5年目を走っています。

かつては石炭でおおいに栄えた町。今は老若男女に愛されるパンで、たくさんの人を集めたい!!
昨年のパン博では川崎町の人口を超える2万人以上の人にご来場いただきました。

5周年のパン博にも県内外から多くのパン屋さんが出店を希望してくださっています。これまで一部のお店より少しずつ広がってきた川崎町産の食材を使ったオリジナルパンの開発。

今年は思い切って出店条件を「川崎町指定の食材(小松菜・ほうれん草・新玉ねぎ・蜂蜜・ゆずレモン加工品)から必ず一点以上を使ってオリジナルパンを製造販売すること」と打ち出しました。嬉しいことに例年並みの約70店の申し込みをいただいております。
今年のパン博の目玉の一つ!それは、すべてのパン屋さんが川崎食材を使ったこの日のためのオリジナルパンを並べてくださることです。
数あるパンイベントの中でもこのスペシャル感はなかなかありません。まもなく出店リストも発表されます。
大好きなあのお店がどんなパンを出してくださるのか、どうぞお楽しみに!

5周年!かわさきパン博2016、4月24日開催

桜も舞い散るこの頃、毎年春の川崎町一大イベント「かわさきパン博」の準備が進んでおります。観光協会設立を記念して2012年にスタートしたこのイベントも今年で5回目となります。ご来場の皆様も年々増え、パワーアップしております。5周年の今年もどうぞご期待ください。

開催日時は 2016年 4月 24日 日曜日  10時〜16時
場所はいつもの、川崎町役場周辺の町民会館と体育館をメイン会場に
今年は豊前川崎駅前にも焼きたてパンとカフェの出店がありますよ。

出店数は約80店
5周年を記念した楽しい企画もいろいろと準備中です。
ぜひ遊びにおいでください。


なお、今年はプレ企画として、18日月曜日に福岡市にて、おととしから二年連続で、川崎町に来ていただいたパンの神様・仁瓶利夫さんの技術講習会と交流会も行われます。
仁瓶さんの手がけた究極のパンを、ゆっくりと味わえるチャンス
こちらもどうぞお楽しみに。



2016年1月30日土曜日

共にパン博を盛り上げよう!福岡・川崎町地域おこし協力隊募集中です!

かつて石炭で大いに賑わった筑豊・川崎町。炭鉱全盛期に比べ人口も半減してしまいましたが、福岡県の中央部に位置する川崎町では今、働き盛りの30代・40代が前線でプランを練り、工夫をこらした町づくりに積極的に関わっています。
「地域おこし協力隊」募集に関しての担当者からのメッセージはこちら



観光協会設立の記念イベントとして「パン」をキーワードに町のおいしい野菜や果物、加工品を含めた「食」の魅力をPRしていこうと始まったパン博も今年で5回目を迎えます。
昨年は、ついに町の人口を軽く超える2万人強の人が、川崎町を訪れ、おいしい時間を楽しんでくださいました。

町経営の野菜や米をウリとしたバイキングレストラン「穀×極」もあります。
質のいい農産物があり、水や米がおいしい町。工夫次第でますます面白くなる可能性を秘めた町。面倒見のよい気さくであったかい人柄も、炭鉱町ならではです。

そんな川崎町を一緒に盛り上げていただける、地域おこし協力隊3名をただいま大募集中。2月29日まで受け付けております。
いろんなところで、情報発信を続けております。熱い想いはこちらにも!
一人でも多くの方に届きますように。





新年からイベント目白押し!

2016年もあっという間に一ヶ月が過ぎようとしております。皆様いかがお過ごしでしょうか。先日の記録的な大雪の影響でいまだ不自由な生活が続いている方も多く、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧をお祈りしております。

観光協会5周年を迎える節目の年である今年も、年明けから精力的にイベントや新規プロジェクトに動き出しております。

まずは1月9日〜10日、初売りで賑わう天神の街で初の川崎マーケットが実現しました。お店は洗練された食品雑貨を揃えるDEAN&DELUKAさん。
当協会が中心となって町の名産をセレクト。町内の和田農園さん、蜂蜜のなべとうさん、ラピュタファームさんなどに加え、赤村のブランド豚や合鴨農法で有名な古野農園さんなどのご協力を得て「筑豊のおいしいもの」を集めたグリーンマーケットとなりました。

この日のために開発したオリジナルパッケージの漬物セットや鍋セットも並び、都会の真ん中で、川崎町ならではの笑顔の接客と、自慢の味をPRできました。

ご来店いただいた皆様ありがとうございました。
また1月17日は、東京ビックサイトにて、いよいよ募集が始まる川崎町の地域おこし協力隊の説明会を兼ねたフェアに参加しました。

パン博の町としての明るいイメージをもってもらいたいと、ブースにパンをぶらさげたり、ディスプレイも工夫。かつての炭鉱町としての飛躍的な繁栄を経た今、試行錯誤しながらも若い力が中心となって他にはないイベントを企画できていること、一人でも多くの方に関心を持ってもらえるよう、話をさせてもらいました。
3人の方を募集しているのですが、少しでもよいご縁が繋がればと祈る思いです。


説明会終了後は、川崎町出身の方が営む神楽坂のイタリアンレストランを会場に、町産野菜をふんだんに使った料理を特別に出していただいて、賑やかに交流会も開催されました。


「人が人に惹かれ、人が人を呼ぶ町」なんとなく気がつけば川崎町にいた。
そんな状況が作れるよう、あれこれと策を練る日々です。
地域おこし協力隊の募集要項や、この日の説明会で密着取材をしていただいたメディアもありますので別途お知らせします。



2016年1月3日日曜日

謹賀新年!今年は節目の年です

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は、多大なるご厚情を頂き本当にありがとうございました。
お陰様で師走もギリギリまでたくさんの方々と交流をさせていただくことができました。
心より御礼申し上げます。
本年は、川崎町観光協会設立より5年目の節目の年となります。
今まで以上に邁進していきますので、引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

12月も毎週、川崎産の野菜を福岡市へお届けしました。地道な活動ですが、パン博がきっかけで、わが町の野菜を販売してくださるパン屋さんが一軒、二軒と増えていき、今年は大手ベーカリーが大量のジャガイモを使ってオリジナルパンを販売してくださるまでに広がっています。



12月中旬には、福岡市で長く愛される居酒屋さんが、川崎産のネギや里芋、小松菜を使ってオリジナルメニューの試作を重ねてくださり、ついに川崎産ネギのお品書きが完成!福岡市のお客様にすでに好評を頂いているようです。


その他、毎年好評、唐津市の道の駅とのコラボ企画で新鮮な海の幸が届く「DE・愛」の歳末感謝祭や、町民に福を届ける恒例のえびす祭。
川崎町とゆかりを持つ、国立天文台ハワイ観測所に勤務するご家族のご案内、川崎町で結成された「第九を歌うバイ」の皆様の10周年の記念コンサートの開催など、2015年最後の一ヶ月も盛りだくさんな内容でした。




人と人とが繋ぐ縁。地道な活動ではありますが、人が人の魅力に惹かれ、その町のことにも愛着を持っていただけるような、そんな流れを目指しています。
5周年記念のキャッチフレーズは「人が人を呼ぶ町」です!

5周年にあたり、もっと多くの方に関心を持っていただけるよう、いろいろな仕掛けを考え中です。パン博5周年にもご期待ください。

それでは本年もどうぞ宜しくお願い致します。

2015年12月4日金曜日

毎年恒例「De・愛」歳末感謝祭を開催します!



来る12月6日(日)午前9時より
川崎町農産物直売所『De・愛』にて、毎年恒例の歳末感謝祭を開催いたします!
直売所でのお買い物額に応じた抽選会や、餅つき、ぜんざいの無料配布に加え、
毎年ご好評いただいている唐津市の道の駅「桃山天下市」さんによる新鮮な海の幸の即売会では、今年はなんと、お隣のベジライスダイニング穀×極とのコラボが実現。
玄海産のとれたて牡蠣が食べ放題というイベントも行われます。

午後2時までという短い間になりますが、ぜひ奮っておでかけください
お待ちしております

2015年11月30日月曜日

11月最終日。今月の東奔西走!

日頃から川崎町への温かいご支援ありがとうございます
2015年11月もきょうで終わり。観光協会は今年もイベントシーズン休みなしで、少しでも川崎町の魅力を知っていただけるよう西へ東へ走り回っております。

今月は特に盛り沢山な内容で、多くの方々と交流ができました。

4日は小倉から初のバスツアーをご案内。事務局長山本、心を込めて故郷への想いを皆様へと繋ぎ、共有できた時間となりました。田川を見直した!というお言葉をいただき大変励みになりました。
7日〜8日は毎年恒例の川崎町のふくし祭り・文化祭。14日は川崎町のフレンチレストラン、キッチンタカセの収穫祭。多彩な食と文化の川崎を多くの方に知っていただける機会を今後とも貪欲に活用していきたいと考えております。

テレビや新聞などの取材も入り、注目を頂いた魚楽園のライトアッププロジェクトは20日に無事点灯式を終え、24日までお陰様で連日多くの人のご来場をいただきました。今年は天候の関係で例年に比べ色づきが今ひとつでしたが、ライトアップの規模は拡大。昨年以上に幻想的な世界が広がりました。期間中は地元の飲食店等のご協力もあり、川崎町自慢の逸品などお土産品や飲食コーナーも充実しました。

点灯式の翌21日は、毎年恒例の日田彦山線・秋の特別列車「みのり号」が今年も池尻駅に停車。

田川伊田駅から池尻駅までは、小梅ちゃんを生んだ歌の町PRのための特別な車内アナウンス、到着した池尻駅のホームでは、町の歴史を紹介する懐かしの写真展や、町内5店舗の飲食店が軒を連ね、約20分間のおもてなしを行いました。

今年の車両は懐かしい旧国鉄カラー!オレンジ色の車体がまさにみのりの季節にぴったりで、多くの方々と笑顔のひとときをすごしました。
↑日田彦山線みのり号2015 川崎町PR動画はこちら

23日は、アメリカ・フランス・シンガポールなど多国籍なお客様と共に通訳案内士も同乗しての初のインターナショナルバスツアーが福岡市発着で実現しました。
ツアーの様子を紹介したアルバムはこちら
ラピュタファームでのランチタイム、英彦山の紅葉にも足を伸ばし、最後にライトアップされた魚楽園を満喫。帰りにはベジライスダイニング「穀・極」のお弁当も楽しんでいただきました。終了後のアンケートは全員が満足と回答。ぜひまた来てみたい「KAWASAKI」の名をPRできたことと喜んでおります。


28日、29日は小倉駅JAM広場にて開催された「福岡県よかもんフェア」にかわさきパン博セレクトとして、パン博と関わりの深いパン屋さん等が出店。川崎町産の野菜や果物とのコラボ商品がズラリと並びました。
毎週、福岡市のパン屋さんにお届けしている事務局としては、まさに嬉しいの一言。パン博をきっかけに川崎産の野菜や蜂蜜に次々とオファーが入ってきています。今後ともどうぞご注目ください。

そのほか、福岡市で「地域発の仕事」を学ぶ専門学校生を招いての川崎町視察等も定期的に行っています。これまで川崎町を知らなかった、初めて来たという人たちの視点や発見を大切に、これまでにないユニークな取り組みができるよう、今後とも頑張っていきます。

川崎町観光協会 広報部